自動車に欠かせない車修理・アルミホイール・タイヤ

鈑金作業

bankin

ドアやボデイ部分の塗装の剥がれ・凹みはサビを発生させる原因となります。
傷や凹みがある時には「鈑金」と呼ばれる自動車修理を行います。
鈑金はミリ単位での修繕が求められる非常に繊細な作業です。「板金」と表記されることもありますがどちらも意味は同じです。

鈑金はいくつかの種類に分けられています。
「外板板金」では車体の外に付いているパネル・フレーム修理を行います。
「内板骨格修正」では自動車の骨格にあたる部分の修理を主流としています。
そして事故などによって変形の激しいパネルなどは「取替え作業」によって交換されます。

鈑金作業は自動車修理において欠かせないものです。

業種

自動車修理を請け負っている業種は大きく分けて2種類あります。
「整備工場」と「鈑金塗装工場」です。

整備工場ではエンジンやアクセル、足回りといった自動車の性能に直結する箇所の修理を行います。
また点検・メンテナンス・車検などを行うことが可能です。
板金塗装工場は車体の修理を主流に請け負っています。
事故や老朽化が原因で出来たドア・ボディの凹み、ボンネットの傷といった損傷箇所を修理します。

塗装

tosou

自動車修理の中で一般的なのが鈑金塗装です。
鈑金は塗装作業と併用して行われることが多く、塗装作業を施すことで耐久性を高めることが出来ます。

よく行われる作業工程は、「鈑金業務→下処理→塗装業務」です。
事故車を修理する場合には、まず塗装を完全に剥がし作業を行うこともあります。
鈑金による自動車修理では損傷した部品交換だけでなく塗装までを含んだ業務行程を示す場合があります。

スペシャルトピックス